経費削減術
TOP
パソコンもリサイクル
PCデータ消去法
再生紙
廃車と経費削減

 

 

 リサイクルトナー

リサイクルトナー(recycle toner)とは再生トナーともよばれ、レーザープリンタ及び複写機で使用が終わった空のトナーカートリッジを回収し、汎用トナーを充填し販売する商品のことをいいます。純正トナーを供給する機器メーカーが回収しきれずに廃棄される空のトナーカートリッジを回収し、幾度も再利用するため、トナー漏れなど品質、安全面やそれによる機器本体への影響については業界をしばしば賑わせ、品質向上が待たれる反面、カートリッジ自体を開発、製造するコストがかからないため、純正トナーに比べ割安の商品として現在、普及しつつります。また、最近のリサイクルトナーは、更に進化し会社の技術の進歩によりトナー漏れなどの問題が年々少なくなってきました。又、補償なども充実しているので、その点も含めて利用している人は増えてきているようです。経費削減を考えている方は試してみてはどうでしょうか?

 2000年に導入された循環型社会形成推進基本法において3R【Reduce(リデュース:減らす)、Reuse(リユース:再び使う)、Recycle(リサイクル:再資源化)】で、Recycle(リサイクル:再資源化)は、「製品化された物を再資源化して、それを利用して新たな製品などをつくること」と定義されており、その中で、消耗部品以外を再使用するリサイクルトナーはReuse(リユース:再び使う)にあたる。さらに、再使用を繰り返し、使用限界を超えたトナーカートリッジはRecycle(リサイクル:再資源化)されており、無駄なく資源化される製品のひとつになっています。

 レーザープリンター、普通紙FAXのトナーカートリッジは、今までは1回使うと廃棄処分されてきました。この使用済みのトナーカートリッジは、消耗部品の交換、洗浄、トナーの充填など再生作業をすることにより、再利用することができます。日本でリサイクルトナーは、まだ10年程の歴史ですが、カートリッジの再利用率は低く全体の20%程度しかリサイクルされていません(80%は産廃です)が、すでにアメリカではカートリッジ全体の約50%(残り50%も、ゴミ扱いしないで分解後リサイクルしています)と言われています。産廃ゴミの削減、経費の削減などメリットの多いリサイクルトナーは今では世界の常識となっています。そして、経費削減にもなるのです。


 また、リサイクルトナーと純正品との違いは、印刷するとほとんど無いんだそうですが、トナーの不良品率が多少高くなっていることです。純正品における不良品発生率が約0.5〜1.0%であることに対し、リサイクル品は3.0%前後で不良品が出てくるんだそうです。しかしながら、現在では、ほとんどのリサイクルトナーを扱う業者は、不良品が出た場合の対応をしっかりしてくれるんだそうです。ちなみに・・・リサイクルトナーカートリッジは、通常の印刷には全く問題ありませんが、精密さ、繊細さを要求するようなプリントには向いていませんので使用の際は注意しましょう。

 メリット

1.大幅なコスト削減

 常に同一価格でリサイクルカートリッジを利用できるので新品カートリッジが必要なくなります。新品カートリッジを購入しないので、他のリサイクルシステムに比べて経費の大幅削減が可能になります。

2.環境にやさしい

これまでゴミとして廃棄していた使用済みのトナーカートリッジを再利用することで、ゴミを減らし、限りある資源を有効活用する。リサイクルトナーサービスは環境にやさしいシステムです。

 

 リサイクルトナーができるまで

1.使用済みカートリッジを回収します。

2.開封したあと、カートリッジを分解し、圧搾空気とアルコールで清浄します。

3.トナーを充填します。

4.カートリッジを組み立てます。

5.製品検査をします。ここで、トナーの量や印字検査をします。

6.検査に通ったものだけが商品として出荷されます。

 

 check

お客様のニーズにマッチした無垢フローリングをご提案するこだわりの無垢床材販売専門店です。

無垢フローリング市場|床材、無垢フローリング販売専門店

太陽設備は産業用から住宅用まで企画・設計・施工・販売の一貫体制で信頼と実績が御座います。

利回り太陽光投資!株式会社太陽設備

キャンペーン365はインテリア・キッチン雑貨・殺虫剤・害虫駆除相談・カビとり剤・消毒剤・洗浄剤・消臭剤を扱っている通販ショップです。

暮らし応援|虫よけ

携帯買取1丁目は白ロムの携帯電話を高価買取する携帯買取の専門店です。

携帯買取一丁目|スマホ高価買取